>

健康食品を購入するときの注意

通販で泣かないように

食品に限らず通販での購入全般にいえることですが、事業者情報は必ずチェックしておきましょう。住所氏名電話番号の掲示があるかはもちろんのこと、社団法人通信販売協会といった消費者との架け橋になってくれる団体のマークが入っているかどうかは通販業者を選ぶときの参考になります。

また食品の場合は配送方法と配送にかかる時間はよく確認しておきましょう。
冷蔵品なのに常温で送ってきたり、時間がかかりすぎて傷んでいたなどがあっては泣くに泣けません。

テレビショッピングは限定何名、このあと30分だけ注文受付、など消費者心理をついた販売方法があるので、焦らずに内容をよく確認して購入してください。念のため自分で購入品のメモを作成しておきましょう。

通販にはクーリングオフ制度は適用されません。返品やキャンセル時の規約もきちんと読んでおく必要があります。

通販トラブル食品編

食品での通販購入トラブルで代表的なのはいわゆる「健康食品」です。
よく新聞や折り込みチラシで見かけますが、痩せる!癌に効果的!血糖値を下げる!など、おおげさに謳っているものも中にはあります。
薬とは違いあくまでも食品であり、効果があることをそのまま書くと法律違反になるので、体験談のような形で宣伝しています。
それを信じて購入し、効果がでなかったといった効能に関するトラブルが頻発しています。
また健康食品は高額なものも多く、適切な値段ではない場合もあります。

まず買う前に、本当に自分にとって必要かどうかを冷静に考えてみてください。
そのうえで、成分表示や成分含有量をきちんと確認しましょう。
また健康でない人が健康食品を買う場合が多いのでしょうが、病院にかかって処方された薬を飲んでいる人は医師に相談をしてください。
副作用がおこる可能性があります。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる