>

通販で食品を購入する時代

通販で食品を買うときのメリット

通販で食品を購入するにあたって、自分で買ってくるより良い点はたくさんあります。
まず自宅に直に届くので、まとめ買いに適しています。
日持ちのするものやその中でも特売になっているもののまとめ買いはしておいても良いでしょうね。

まとめてではなくても、水やお米といった重いものを購入するときも楽です。
この労力がかからないというのは大きなメリットといえます。

水、お米などは定期的に買うものですが、定期購入というシステムも通販ではよくあります。
自動的に届くので買い忘れもなく、非常に便利です。

産地直送、限定品など、通販でしか恩恵を受けられないものを手軽に買えるのも大きなメリットです。

また、通販は購入タイミングがある程度自由です。
今はスマホでも注文を受け付けているものが多いです。
自宅で雨の日にとか、出先で休憩時に、といった隙間の短い時間で注文しておけるのもうれしいですね。

通販に適さない食品の購入

通販といえばお取り寄せが思い浮かびますが、中には遠くから届ける生ものもあります。
物流が発達したとはいえ、真夏にクール便が必要なものとかは注意が必要かもしれません。
また、なるべく届いたその日のうちに食べてしまわないといけませんね。
お取り寄せは、普段自分の地域では食べられないものを食べられるというメリットはありますが、通販には基本的には日持ちのするものが向いています。

お取り寄せのような特別なものではなくても、日常使うような生鮮食品も通販ではあります。ですが生鮮食品は自分の目で見て新鮮かどうかを確認したいという欲求があるために、なかなか通販では購入しないという傾向があります。日持ちの問題以外にも懸念する点があるのですね。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる